安心契約手続き

その1:申し込みと契約の準備を

【申込み】連帯保証人の依頼、プロフィル確認は早めに

入居を申し込むには不動産会社所定の申し込み書に必要事項を記入して提出する。
記入事項は不動産会社や物件によって異なるが自分の連絡先や勤務先、年収などに加えて
連帯保証人のプロフィルが必要な場合が多い。
この連帯保証人とは入居者が家賃を滞納した時に代わりに責任を取る人のことで提携している保証会社でも
いいという不動産会社もあるが、入居希望者が自分で連帯保証人を見つけるのが一般的。
連帯保証人は早めに決めておこう。
申込書を提出すると不動産会社や大家さんはその部屋の入居募集をストップして申込者の審査に入る。
2日から1週間ほどで審査結果が出るが家賃に対して収入が低すぎるなど問題があると断られてしまうケースもある。
結果が出るまでの時間を無駄にせず準備を進めれば契約までスムーズに進みます。

【費用】家賃の6ヶ月分が目安

契約時には様々な費用を支払うことになります。
設定は物件によって異なりますが一般的に家賃の6ヶ月分が目安と思っておきましょう。
入居時に火災保険などに加入する事が義務付けられる場合もあり、
どんな名目でいくら必要か申し込む際に確認して準備を始めましょう。

●契約時必要な費用の種類と目安

礼金 家賃の2カ月分 ⇒ 部屋を貸してもらう謝礼として大家さんに慣習的に支払うお金
敷金 家賃の2カ月分 ⇒ 家賃の滞納保証、室内を汚損した時の担保として預かるお金
仲介手数料 最大で家賃の1カ月分 ⇒ 大家さんと入居者の仲立ちをした手数料として不動産会社に支払うお金
前家賃 最大で家賃の2カ月分 ⇒ 入居予定日から次回の家賃支払い日までを日割り計算したもの

【必要書類】何が必要か確認して手配

契約時に提出しなければならない書類も前もって聞き出して審査の間に手配しておきたい。
何が必要になるかは物件や大家さんによって異なるが概ね共通しているのは以下に挙げるものです。

●住民票

カップルやファミリーの場合は入居者全員分必要。結婚を機に入居する場合は双方の現住所の住民票を用意する。

●契約者本人の印鑑証明

役所で発行してもらう。印鑑登録がまだなら、登録と同時に発行してもらえる。契約時には印鑑登録してあるハンコを持参。

●連帯保証人の同意書と印鑑証明

所定の同意書に連帯保証人がサイン・押印したもの。これと一緒に押印したハンコの印鑑証明が必要な場合もあります。

●契約者本人の源泉徴収票

安定した収入があることを証明するために提出する。自営業などの場合は納税証明書で代用する場合もある。

【学生の場合】保護者が契約者になる場合も

不動産会社によっては入居者が学生の場合に特別なルールを適用してるところがあります。
例えば契約者には保護者が指定されたり、
学生が契約者になる場合は連帯保証人が親や親族に限定されるケースもあります。
また現住所と入居したい物件が遠隔地なら契約時に必要な書類は郵送で、
費用は銀行振り込みで対応してくれる会社もあります。

その2:重要事項説明・契約書の確認

【契約】重要事項説明は契約前の最後の確認。分からないことはしっかり質問しよう

審査にパスした旨の連絡が来たら、まずは宅地建物主任者の資格を持った人から重要事項説明を受けて契約内容の確認をします。
ここで物件所在地、家賃に関する取り決め(額面、支払い方法、支払日など)、契約期間、緊急時の連絡先などを確認します。
契約内容の確認では契約書に記載された条文を読み合わせていくことになります。
全てに納得したら契約書にサイン・押印して費用を支払います。これで契約締結です。


借りる

賃貸物件検索

沿線から探す
エリアから探す
  • 江古田新築・築浅賃貸!

    江古田の新築・築浅賃貸!

  • 江古田の礼金0賃貸!

    江古田の礼金0賃貸!

  • 江古田のセキュリティー充実賃貸!

    江古田のセキュリティー充実賃貸!

  • 江古田の新婚・カップル向け賃貸!

    江古田の新婚・カップル向け賃貸!

  • 江古田の5万円以下賃貸!

    江古田の5万円以下賃貸!

  • 江古田の駅近賃貸!

    江古田の駅近賃貸!

  • 江古田でペットと一緒に住む!

    江古田でペットと一緒に住む!

  • 江古田の一人暮らしおすすめ賃貸!

    江古田の一人暮らしおすすめ賃貸!

店舗情報

オーナー・法人の方へ